物欲 車編 その3(やらなければならないこと)

当然のように毎日カタログ(VW)を穴があくほど見まくっていた。
来る日も来る日も。

「飽きないね。」と妻
飽きる訳がない。試乗した時の感触を思い出しながら頭の中ではドライブを楽しんでいるのだから。頭の中は欲愛にあふれている。

しかし、煩悩にはやらなければいけないことがありこれをしなければ車などは買えない。
仕事。 
当然と言えば当然だが以前にも書いたように2005年4月から仕事を180度変えゼロからスタートしなければならないので厄介なものだ。40歳にもう数年と言うことも、、。
180度変わるというのは簡単に言えば ”煩悩(私の呼び名ではない)”というものを肯定する世界から否定する世界へということである。例外はあると思うが。
お察しがついた方もいると思うがここではあえて書くのはやめる。(後には必ずわかりますから)

まず仕事の引き継ぎがたいへん。
自分の会社を後輩に譲るため顧客にそのことを案内。
毎日いらっしゃる方々に説明。
テナントをそのまま引き継ぐために不動産屋さんに入り浸り。
市役所、税務署、銀行etc.

「はー、、。」

新しい仕事の予備知識をつけるために2年ほど前から学校に通っているが、4月終わりからはその予備知識を実践で試すための約2ヶ月間のつらい研修。
人間の三大欲求をことごとく削られるこの研修は本当につらかった。
その内容を少し。
1、家族にも連絡は取れない
2、朝2時起き(約1ヶ月間)
3、敷地内からは出られない
4、食事は至って質素、茶碗に残ったショーユもきれいに

そんな中でも頭の片隅にはVWは残っていた。
いや、それがあったことで楽になったこともあった。
”煩悩”も時には良いものである。

6月いっぱいまではあっという間にすぎていった。
20年かけて育てて来た以前の仕事、その集大成である店を人様の手に譲ってしまう。
悲しい出来事でもあった。
愛別離苦
[PR]
by haruikuyoshi | 2006-01-13 21:44 | くるま購入まで


<< 物欲 車編 その4 (尽きるこ... 物欲 車編 その2 尽きること... >>